|
トップページ > 先輩副業FPにインタビュー > FP佐藤毅史様へのインタビュー

FPフォーラムで史上最年少講師デビュー!FP佐藤毅史様

FP佐藤毅史様ご紹介

FPフォーラムで史上最年少講師デビュー!FP佐藤毅史様

先輩FPへのインタビュー、第3回は、既に独立開業されており、年間100件以上の企業研修・セミナー講演を行っておられる、TSPコンサルティング株式会代表のFP佐藤毅史(つよし)様です。 

今回のインタビューも、全く面識どころかメールもブログコメントもしておりませんでしたが、マイベストプロ埼玉のコラム記事において、「不動産管理会社の営業マン時代にFPでの独立に向けた勉強と人脈の形成」、「独立前に副業・週末起業から始めては? 」という記載があったため、「この人には副業時代があったのかも?」と思い、こちらから突然「インタビューを受けてください!」というお願いメールを出したところ、快く応じて頂きました。

既に独立開業されている方ですが、会社員時代に副業FPとして活動していた経験をお持ちであり、副業としてセミナー講師をしてみたい方にオススメのインタビューです。

●保有資格
 ・AFP2級FP技能士、証券外務員第1種、調理師免許 他多数
●副業時代の本業:会社員(不動産管理会社)
●運営サイト:
 HP :TSPコンサルティング株式会社
 ブログTSPコンサルティング代表 ファイナンシャル・プランナー佐藤毅史の多少論争

【メディア掲載実績】(TSPコンサルティングの取材・執筆実績より抜粋)
・2011年2月号 FPジャーナル「現役FP本音のエッセイ」に掲載
・2012年  8月 朝日新聞デジタルのマイベストプロ埼玉に掲載
・2012年10月 週刊全国賃貸住宅新聞「業界情報サロン(経営者紹介)」 に掲載
・2012年11月 日本金融通信社(ニッキン)に執筆記事掲載 
・2013年 4月 ビジネス教育出版社「一杯の牛丼から見えてくる日本経済の軌跡とこれから―アベノミクスでデフレ・外食不況は脱出できるのか!?」出版
・2013年 4月 TBSテレビ Nスタ「住宅ローンは「変動」?「固定」?金利選択に異変」出演
・2013年 5月 TBSテレビ 朝ズバ!「住宅ローンの借換相談増加について識者の提言」出演 

ページトップへ戻る

"元"副業FPインタビュー人は思った通りの自分になる

質問1:FP資格を取得したキッカケを教えてください。

これまでのキャリアは紆余曲折を経ているのですが、調理師として働いていた職場を2008年9月17日に退職し、その4日後にリーマンショックが発生しました。当時はものすごい不況という事もあり、金融のプロ(世間で言えばエリート達)が失職するような情勢下で私の履歴書は…、
最終学歴:専門学校卒業(調理師)
保有資格:自動車免許と調理師免許
でした。
100社近く履歴書を送付するも、ことごとく全滅。また求人要件が大卒以上という、超え難い壁を痛感しました。
また、7ヶ月にわたるニート生活の中で口座残高が徐々に減っていく恐怖を味わい、お金の勉強が大切と痛感。

資格取得のポイントは、
1.大卒ではない自分が生きていく上では、資格と実績を積むべきという、反抗心から
2.お金に困る時代を過ごしたこと。
がきっかけになっています。

質問2:副業を始めた時期とキッカケ、現在の事業との関係を教えてください。

きっかけは、お客様からのお声掛けです。
7ヶ月のニートを経て、私は不動産管理会社に就職しました。当時から、抜群(!?)の営業力とセンスで顧客開拓をしていたのですが、入社して9ヶ月位したときでしょうか。ビルを数棟保有するとあるお客様の建物の火災保険やお客様自信の生命保険の見直しを無償で行ったところ、大変喜ばれたのです。

最初はただ単純に嬉しい思いでしたが、そのうちこのクライアント様より有償でやってみたらどうか!?
と提案を受けたのです。
お金を取れると思っていなかったのですが、思いの他ニーズがある。
そして、知らずに高いお金を払っている人の誠に多いこと。

この経験が生きているかは定かではありませんが、私はFPの中でも珍しい不動産分野(売買・仲介ほか、管理と建替問題)に特化し、ほとんどのFPが手を出さない分野として、ネットでも検索すると、不動産に詳しいFPという位置に立つことが出来ました。

これが、現在の事業に繋がっているかもしれません。
セミナー・講演の内容は不動産分野のニッチなモノが多いので…。

※(furi コメント)確かに、FPが扱う不動産案件だと、普通は住宅ローン相談で、管理や建替案件はニッチですよね。

質問3:副業時代のFP事業による月収を教えてください。

以外に少ない(!?)のですが、平均4万円位 です。

質問4:セミナー業務は、実績がないと集客等が難しいイメージがありますが、副業時代はどのように事業を展開されましたか?

これについては、クチコミが一番のツールかも知れません。

というと、月並みなので自分の手法を教えます。
私はFPフォーラムというツールを使いました。

日本FP協会の各都道府県支部では、毎年数回ですが、無料のFP相談会というものを開催しています。これに講師として登壇すると、全面カラーのチラシに自分の講座(セミナー)と名前が掲載されるのです。

独立開業前である2011年10月、大田FPフォーラム2011にて、私は史上最年少で講師として登壇(25歳と11ヶ月)しました。
(セミナーのテーマは、〜不動産投資のメリット・デメリット〜)

そして、若さというものを利用しています。上記もそうですが、2013年1月26日(土)港区の女性就業支援センターにてFPフォーラムを企画しています。
これについても、史上最年少実行委員長という体面を取りに行ってます
いずれ年を取るので、若さというのは今だけかも知れませんが、訴求する内容としてはわかりやすいです。
その間に実績を積めば、質実共に満たすFPになれるだろうと、私は考えております。

質問5:副業でFPをやることのメリット・デメリットがあれば教えてください。

◆メリット
・副業時代の活動のおかげで、私は相手を知らなくても、相手が知っている(有名人気取り)
独立の時のスタートダッシュ(無収入ではないので、ほんの少しですがゆとりある)
・副業時代の実績があるので、話が早い(そこはやはり、素人よりも経験者や玄人に頼みたい相手の心理上仕方ないのかも…)

◆デメリット
・面倒臭いやっかみがある(年齢の割に早くに実績を出してしまった為)
・敵が多い(人の成功を快く思わない人がいるので、変なコト言われたり)
会社から指摘された(当時の会社は副業を快く思っていなく、役員会に掛けられました、結果私はやめましたけど…)
・あらゆる所で見られているので、もはやタレントです。細かい所での気遣いが欠かせません。それにはお金もかかります。

質問6:FPとしての今後の事業展開予定を教えてください。

現在、年間100件以上の企業研修・セミナー講演を行っておりますがこれを年200件以上に増やしていきたいです。コンテンツも揃ってきて、提携出来るパートナーも増え、達成は十分に可能と思います。
また、現在は独りで会社を経営しておりますが、従業員を雇用したいと考えております。2013年中に3人。そのためには自分の責任で大きくしないといけませんね。
また現在のオフィスも少し大きくしたいので、移転先も考えたいです。

質問7:最後に、今後FP資格を活かした副業・独立開業をしようとする人へのアドバイス・メッセージ等をお願いします。

ファイナンシャルプランナー(FP)は、本当に無限の可能性があると思います。
私は副業がバレたタチですが、結果辞めて現在は自分のペースで仕事が出来る様になりました。

とはいえ、まだ決定的なビジネスモデルがある訳でもないだけに、いきなり独立する事が難しい人や、背負うべきモノを持っている人は、ぜひ週末起業の様にして、副業から始めてみてはいかがでしょうか?
FP資格は持っていても稼げるわけではありませんが、それを活かす為に自分から働きかける事で使い道はたくさんあるはずです。

もし、独立に向けて初期資金を準備したい場合には、小生も利用した返済不要の助成金と創業融資を活用することもできます。
是非、皆様がFPとして独立して、いつの日にかご一緒に仕事ができることを楽しみにしております。
   
〜最後のメッセージ〜
 「人は思った通りの自分になる、逆に願わなければその理想には一生たどり着けない

ページトップへ戻る

インタビューを終えて(感想)

やらせて欲しい!と手を挙げることインタビューを終えて

FPフォーラムをツールとして捉えていることが印象的ですね。
確かにFP協会の支部が開催する相談会であれば、ある程度の集客は見込めますし、宣伝も自主セミナーでは難しい公的機関を通じて行うことができますもんね(自治体の窓口などにチラシを置いてもらえることがあるんですよ)。

そして、副業のキッカケやFPフォーラムの講師・実行委員長と、すべて自分から「やります!やらせてください!」と手を挙げていることが重要ですね。
実績はただ待っていても積めませんし、「やりたい!」ということを伝えてくる人には、「じゃあ任せてみようかな。足りないところはフォローするよ。」となりますもんね。
逆に、それだけ自分から「やらせてください!」と言える人が少ないということ(私も含め)であり、多少のやっかみも出てきてしまうのかもしれませんね。

とはいえ、セミナー講師は本名・顔出しが原則なだけに、精力的に活動するほど会社バレのリスクも高まります。
副業に理解がなさそうな会社に勤めている場合は、バレるまでに積めるだけ実績を積んでやる!くらいのキモチで、精力的にFPフォーラムやスタディグループに参加し、いざ会社バレしたときに独立開業するかを決める つもりでいるのがいいのかも知れませんね。

FP佐藤毅史(つよし)さん、今回はありがとうございました!

【P.S.】
佐藤さんのブログ「TSPコンサルティング代表 ファイナンシャル・プランナー佐藤毅史の多少論争 」でも独立の経緯がつづられています。
とてもリアルな体験談で、独立開業を目指す人は必見ですよ!
私が独立するきっかけになったコト@
私が独立するきっかけになったコトA
私が独立するきっかけになったコトB

ページトップへ戻る

実施サービス

1級FP過去問解説   2級FP過去問解説   3級FP過去問解説

eラーニング   FP試験マンガ

ページトップへ戻る
Copyright(C) FP de 副業! All Rights Reserved.